懐かしのスーパーカー展

日曜日に懐かしのスーパーカー展に行ってきました。

車好きのKIDを喜ばせようと嫁さんに提案したけど、実は幼いころに写真と消しゴムでしか見たことがなかったスーパーカーたちをひと目見たくて行っちゃいました。

展示されていたのは、以下の6車種で、ポルシェ以外は展示室の外にあるので、無料で見れました。
(ポルシェも展示室入ってすぐのところにあるので外からチラ見はできます)

 ロータス ヨーロッパ スペシャル
 ランボルギーニ カウンタック LP5000QV
 ランボルギーニ イオタ
 トヨタ2000GT
 フェラーリ 308GTS
 ポルシェ911T

画像
カウンタックの後ろ姿

観覧料500円を払って展示室に入れば、ポルシェ,ロータス ヨーロッパのシャーシ,F2マシン,その他展示物(いろいろな乗り物の模型等)が見れます。ロータス ヨーロッバの運転席に座って写真も撮れました。

1970年代後半に少年時代を過ごし、スーパーカーブームを味わったお父さん方にとっては一見の価値があるイベントだと思います。

肝心のKIDは、道中すれ違ったトラックや駐車場の大衆車のほうが好きみたいで、スーパーカーに対する反応はいまいちでした。
(確かにフェラーリのミニカーよりもダンプやトラックのミニカーのほうが使用頻度高い)

【KIDの価値観】
大型車>普通車>>スーパーカー

結局、父ちゃんひとり童心にかえり、写真を撮りまくった一日でした。

池沢早人師サーキットの狼・俺が愛したスーパーカー列伝 Vol (1)

"懐かしのスーパーカー展" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント